FC2ブログ
 
■プロフィール

店長

Author:店長
空とぶキリン・ネット書店「とぶりんネット」店長のささのでございます。
ほっぴー副店長、こっこ店員とともに、がんばります!
ネットショップは初心者です。不手際がありましたら、お知らせくださいませ。
空とぶキリン・ネット書店 http://toburin.cart.fc2.com/
メールでのお問い合わせは yusa55toburin@gmail.com

☆2016年から地元の文化教室で、エッセイ教室を開いています。
エッセイ教室HPは、http://jibunshikoza.web.fc2.com/
Twitterは、https://twitter.com/yusa1507shin
こちらも、よろしくです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■来訪数

■おすすめ
■航空チケット
■英会話
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■おすすめショップなど

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
詩集紹介「忘れてきた風の街」
きょうは、空とぶキリン社から昨年5月に出版された、

原田亘子さんの「忘れてきた風の街」をご紹介します。

日常生活のなにげない情景の中の、

普通の人なら、つい見逃してしまいそうな

やさしさや、せつなさを、大切にすくい取った詩集です。

まるで心の中を5月の透き通った風が通り抜けるような読後感は、

著者のまなざしの暖かさと深さからくるものでしょう。

第1詩集から20年を経ての第2詩集だと、あとがきにありましたが

とても長い時間を著者は、丁寧にやさしく生きてこられたのだろうと

思ったことでした。




  愛でる


羊水の中から抜けでてきた その時の

湯気を

まだ立ちのぼらせているような

赤ん坊に

大人たちは見入っている



ほほう

ほほうと 愛でている



自分たちもそうされてきたはずの

はるかな記憶

もう覚えてはいないのだが



トンネルのむこうで

ほの白く光るなつかしい日を

蜘蛛の糸をたぐり寄せるようにして

若い母親の抱く赤ん坊を

見つめている



新芽のような

輝きとやわらかさにあてられ

大人たちの胸のあたりは一面

さくら色に染まって

むずがゆいほどだ



赤ん坊は

自分がそんな大仕事をしているなんて

つゆ知らず

小さな体のどっしりとした重みを

母親の細い腕にあずけて

シャボン玉のようなあくびを

しきりにくりかえしている


忘れてきた風の街

2013年5月1日 空とぶキリン社発行
原田宣子「忘れてきた風の街」
定価 1,500円+税
スポンサーサイト


既刊詩集 | 22:12:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
この詩集についてツイートをしたのですが、なぜか「詩集カタログ2013」から脱落していたようです。以下に引用します。2013年7月28日のツイートです。

原田宣子『忘れてきた風の街』(空とぶキリン社)生活の片隅や季節の移り変わりの中に潜む特別な瞬間を、柔らかな言葉遣いで掬い取るように綴った作品群。 時に辛かった過去の一瞬を振り返る作品もあるが、その語り口は穏やかで新しい発見に支えられている。「風の街」は今ここにも存在しているだろう。
2014-05-20 火 23:32:50 | URL | 山田兼士 [編集]
ありがとうございます。
まあ、すばらしい・・・
わたくしが言いたかったことをこんなに簡潔で深みのあるお言葉で・・・
勉強させていただきます!
ありがとうございましたv-352v-352v-352
2014-05-21 水 00:29:04 | URL | ささの店長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。