FC2ブログ
 
■プロフィール

店長

Author:店長
空とぶキリン・ネット書店「とぶりんネット」店長のささのでございます。
ほっぴー副店長、こっこ店員とともに、がんばります!
ネットショップは初心者です。不手際がありましたら、お知らせくださいませ。
空とぶキリン・ネット書店 http://toburin.cart.fc2.com/
メールでのお問い合わせは yusa55toburin@gmail.com

☆2016年から地元の文化教室で、エッセイ教室を開いています。
エッセイ教室HPは、http://jibunshikoza.web.fc2.com/
Twitterは、https://twitter.com/yusa1507shin
こちらも、よろしくです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■来訪数

■おすすめ
■航空チケット
■英会話
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■おすすめショップなど

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
詩集紹介 「千鶴さんの脚」
お待たせしました。

本日から、「とぶりんネット」取り扱い詩集を

発行日の新しい順に

週1回(毎週月曜日辺りで?)、ご紹介させていただきます。

本日ご紹介するのは、今年の3月31日に出版された

高階杞一「千鶴さんの脚」(澪標)。

四元康祐氏の写真とコラボした、著者初のフォトポエム集です。

写真から触発された21篇の詩は、今までの高階詩とは、少し異質な手触り。

腐敗していく命、不在、哀しみなどが淡々と綴られていきます。

どこか暗い詩が多いのに、読後感がさわやかなのは、

その客観性と、独特の語り口によるものでしょう。

そして何より、最後を飾る詩、「悠久のほとり」に、

気持ちが大きく救われるからかもしれません。

詩集の中から、1篇 ご紹介します。



   カーニバル


道の真ん中で

猫が死んでいました

口から血を流して

星のとてもきれいな夜でした

車が来て

はねられて

ちょうどここに落ちたのでしょうか

まだやわらかい細胞の

ひとつひとつが

今 死んでいく途中です

こんなに楽しい夜に

こんな所で

ひとり凍っていくのは

どんなに淋しいことでしょう

でも大丈夫

明日には

みんなここに落ちてくるのですもの

     
千鶴さんの脚
        「千鶴さんの脚」 (澪標) 1620円(税込) 
スポンサーサイト


既刊詩集 | 00:35:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。