■プロフィール

店長

Author:店長
空とぶキリン・ネット書店「とぶりんネット」店長のささのでございます。
ほっぴー副店長、こっこ店員とともに、がんばります!
ネットショップは初心者です。不手際がありましたら、お知らせくださいませ。
空とぶキリン・ネット書店 http://toburin.cart.fc2.com/
メールでのお問い合わせは yusa55toburin@gmail.com

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■来訪数

■おすすめ
■航空チケット
■英会話
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■おすすめショップなど

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新刊紹介!
空とぶキリン社から、新詩集のお知らせです。


九州在住の詩人、南風桃子さんの詩集「うずら」が昨日、できあがりました!

著者の二十数年ぶりの第2詩集です。

この詩集、照れているようなユーモラスな詩が特徴的なのですが、

そんな詩の中に時折挟み込まれた、驚くほど無垢な飾り気のない詩に、胸をつかれます。

私が好きな詩をご紹介します。



  春の葬列


春。

ひかりのなかで
葬列をみた

鳴り物がなりひびき
泣き女の声が
るりいろの空にすいこまれていく

ひつぎをまもるように歩む
白装束のお供たち
髪をたばねた長い布が
春風にゆったりひるがえる
天女のはごろものように

ああ
こんな春に

ひとが ひとり
しんだのだ



とぶりんネットでも、昨日より販売を開始しています。
ショップの ★立ち読み をクリックしていただくと、
『春の葬列』以外の詩も、3篇お読みいただけます。
ぜひお楽しみ下さいね。



うずら

南風桃子詩集 「うずら」
空とぶキリン社刊
定価:1,500円

スポンサーサイト
とぶりんネット | 16:42:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
マメの数
昨日は、節分でございました。

西南西に向いて、巻き寿司を1本、無言で食べる・・・・

話しかけられても、答えない。

振り向かない。

と、まあ、傍目にはシュールな夕ご飯&行事を、

お願い事をしながら無事済ませました。

さて、そのあとです、問題は。

豆を年の数だけ食べるというのは、

これはある種中高年にとっては責め苦のような風習でございますね 


20粒までは軽快に進みました。

ああ、でもイワシを少し食べ過ぎたのか、その後が進みませぬ。

甘辛に煮てあるイワシは本当に美味しゅうございました。

ついつい、小ぶりなのをいいことに食べ過ぎたようでございます。

やっとの思いで30粒。

私はこういう行事ごとが大好きですので、なんとしても、この日のうちに豆を完食したいのです。

夫に例年のごとくわざと話しかけられても、巻き寿司を食べ終わるまでは一言も口をきかなかった女でございます。

マメと巻き寿司はセットモノ。

ここで、マメ完食をあきらめるのは悔しすぎるではございませんか。

ああ、30才であったなら、こんなに苦労することもあるまいに・・・

などと、ぶつくさ言いつつ、やっと40粒。

でもまだまだ、ゴールは遠いのです・・・ 


えっ? 何粒食べればゴールなのか・・・?

気の遠くなるほどの数・・・

とだけ申しておきましょう・・・ (遠い目・・・)


ふふふ。

いったん休憩を挟んで、寝るまでには食べましたよーん   


あ、先日のコッコ5兄弟クイズ

ホッピーはすぐわかったようですが、

コッコと弟のリュウちゃんは間違えた方多かったようです。

ということで、リュウちゃんのお写真、一挙公開!

 
リュウちゃん4


リュウちゃん3


リュウちゃん2


やっぱり、兄弟の中では、リュウちゃんが一番コッコに似ていますね。

リュウちゃんは赤ちゃんの頃、大きな体に似合わぬ甘えん坊でした。

私が座っていると、座椅子の背もたれと私のおしりの間にもぐり込んで、いつもほっこりしていました。

びっくりすると一人でパニクるかわいい所も。

無邪気で、食欲旺盛で、ひとなつっこい、かわいい子でした。

佐藤さんちの家族になって、人間の兄弟がたくさん出来て、

とてもしあわせそう。

よかった。よかった。 


わん | 16:55:58 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。