■プロフィール

店長

Author:店長
空とぶキリン・ネット書店「とぶりんネット」店長のささのでございます。
ほっぴー副店長、こっこ店員とともに、がんばります!
ネットショップは初心者です。不手際がありましたら、お知らせくださいませ。
空とぶキリン・ネット書店 http://toburin.cart.fc2.com/
メールでのお問い合わせは yusa55toburin@gmail.com

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■来訪数

■おすすめ
■航空チケット
■英会話
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■おすすめショップなど

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホッピー副店長、11歳に。
本日11月27日は、ホッピー副店長のお誕生日です。 (ワタクシと同じ射手座です )

11歳と言えば、人間でいうと60歳。 

還暦なのですね~。 犬の人生(犬生?)は、まっこと、急ぎ足でございます。  



今日は、ホッピーさんについて、少しご紹介します。 

彼女は、ご近所のノラ夫妻のこどもとして生まれました。

だから、11月27日生まれ、というのは、「推定11月27日」なのです。

このノラ夫妻の面倒を見て下さっているやさしい方がいて、

生まれたこどもたちは、それぞれ、里親を探して貰います。(我が家もそうやって、ホッピーをもらい受けました)


ホッピーは今でも、最初に面倒を見てくれたこの方が大好きで、

道で会うと、すっごい勢いで走って行って、ひっくり返ってお腹を見せて甘えます。  

普段クールなホッピーさんですが、とても情の深い、一途な性格なのです。


頭が良くて、努力家です。

襖をひとりで開けられます。

網戸も開けます。

車の窓も、ボタンを押して開けます。

ただし、どれも閉めることが出来ません。

残念・・・ 


いつも考えすぎて、心配したり、

こちらの考えを読もうと必死です。

もっとのんびりすればいいのに・・・せっかくわんちゃんに生まれたのだから。


のんびりでマイペースなコッコとは、対照的な親子です。


美味しいおやつを食べていても、コッコが側に来ると、

反射的にコッコにやってしまいます。

但し、アイスクリームだけは、コッコの分まで狙います!!! 

よっぽど好きなんでしょうね。

遠慮がちなホッピーが必死になってたくさん食べようとしているのを見ると、

なんだかおかしくなって、かわいいなあーと思ってしまいます。

はい、親ばか、犬バカです。(笑)


親ばかの話、いつまでも続きそうなので、今日は、このくらいで。

長々とすみませんでした。

おまけに写真もいっぱい載せちゃいます。

お誕生日に免じて、お許しを。 


ホッピー2ヶ月
2ヶ月



ホッピー3ヶ月
ホッピー 3ヶ月



11歳。今日のホッピー
ホッピー11歳 2


ホッピー11歳



スポンサーサイト
わん | 23:47:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
立ち読み機能、追加!
お久しぶりでございます~。

すっかり、世間は秋。

しっとりと読書の秋、まっただ中でございますね。


と、いうことで、とぶりんネットに、「立ち読み機能」   をつけました。

それぞれの詩集のうちから、3篇読んでいただけます。


実は、小学校の同級生 

(ほんの10年ほど前の同級生  ゴメン、うそ・・・ 40数年前!!!)が、

とぶりんネットを見てくれて、「立ち読み」出来たらいいのに・・・ とアドバイスをくれました。

確かに、そう!  

詩の世界以外の人には、どんな詩が読めるのか、皆目見当がつかないですものね 


別ウインドウで読めるようにするのが、よくわからなくて、苦戦いたしましたが、

やっと何とか、出来ました! よかったぁ 

持つべきものは幼なじみですね。 アドバイス、さんきゅ 



「立ち読み」 是非一度試してみてください。

そして、それぞれの著者、詩集の個性的な世界を楽しんでくださいね。

とぶりんネット | 17:56:38 | トラックバック(0) | コメント(1)
新刊のご紹介!
空とぶキリン社より、新しい詩集が発行されました。

安部壽子さんの「葉脈の中の家」です。

すでに「古典の時間」、「春のいちにん」などで、安部ワールドをお楽しみ頂いているかと思いますが、

新詩集はさらに、独特の言葉と、言葉の背後から立ち上がってくる不思議な叙情にあふれています。

私の好きな1篇を

少し長いですが、ご紹介させて頂きます。



ケイト氏のこと


「毛糸新聞」を発行する遠縁の小父さんを わたしたち姉妹は
ケイト氏と呼ぶ 部数はランダム 読みたいひと 読ませたい
ひとに 配達し配送する

今号の特集は「編み針で魚は釣れるか」「尺取虫の糸は思慮する」
「夏の夜空にボアのマフラー」わけのわからなさに読者は減る
あるいは増える ランダムなケイト氏をわたしたちは愛したり
困惑したり

コラムで「毛糸の巻き論」を綴る 「短いものに巻かれると癖で
終わるが 長いものに巻かれると習慣となる」 どこかのなにかの
ヒョウセツじゃない わたしたちは噂する ケイト氏はおもむろに
毛糸の蝶ネクタイを編むのだ その短さは痩身のケイト氏を暑苦
しくし 首のまわりでしめつけもする

五年前妻と別れる 三年前新車を波にさらわれた 悲しみは配達し
ない 配送できないケイト氏は伊豆地方へ移る ヤマモモの里で実
をひろう ひとり歩きが好きになる ジャムをつくり砂糖と塩を
間違えた 翌日の「毛糸新聞」の三面に 〝 酒のつまみは ヤマ
モモの塩辛〟とある

巻くまえに巻かれてこそのケイト氏にメールが届く 「あなたの
『毛糸新聞』が唯一の楽しみだった」「唯一の幸せだった」ケイト氏
は昔の自動車を走らせる ランダムなパッションは ふたたびの
北へ北へと

部数も収益も毛糸玉二オンスの軽さだ 社主兼配達人のケイト氏に
築かれる「家」はない 毛糸玉はあたたかく転がりながら一本の糸
と消える 糸の先に編み上がる一枚のセーター一枚のベストのため
配達する 読ませたいひとりのため配送する

梅雨の頃 わたしたち姉妹にヤマモモのジャムが届き 今年のそれ
は青臭く苦っぽい 実をひろうケイト氏のひとり歩きは続くだろう



葉脈の中の家

11月1日発行 定価1,500円(税別)





本日、とぶりんネットでも販売開始しました。

一度ご覧下さいね。

新刊 | 00:29:16 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。